半導体と光学レンズ

建築現場の木材の撥水と防湿対策を一緒にできるフッ素コーティング

水滴

建築現場のような屋外では、湿度や気温のコントロールはほぼ不可能です。建築に使う木材は高温多湿の環境下では、カビが発生したり、そのカビが原因で変色する場合もあります。また工期が長く、その間に雨が降ったりすれば、雨水がしみこんで木材が傷むことも考えらえます。
このような状況で木材を保護する方法としては、水を通さないビニールのカバーシートなどを使って、木材を覆ってしまうことが考えられます。加えて、フッ素コーティングによって木材をカバーすれば、撥水と防湿の両方の効果を期待することが可能です。フッ素コーティングは、一般的には厨房器具やレザー製品に使われる加工方法として知られていますが、加工対象となる素材や製品の種類は、これに限られるものではありません。木材に関しても、表面を全体的にフッ素樹脂の膜で覆うことによって、大きな水滴も湿気の原因となるミストレベルのごく小さな水滴も効果的にブロックします。ビニールなどのカバーで覆ったとしても、カバー内部に忍び込む湿気はどうすることもできないため、中途半端な防湿対策になってしまいます。しかし、フッ素コーティングなら、木材そのものをカバーできるため、防湿対策としてはずっと効果的です。

フッ素コーティング加工で防湿対策を講じるメリット

製品のクオリティや性能、耐久性を維持するために、防湿対策が必要不可欠なものは沢山あります。防湿対策としてはその製品を置く場所の除湿を行うという対応も可能ですが、この方法では湿気が製品と接するのを防ぐことはできず、防湿するにしても部分的なものにとどまるでしょう。それよりもフッ素コーティングによって表面加工すれば、フッ素樹脂の薄膜で製品の全体を覆って、湿気と接触しない状態に出来るため、より徹底した防湿対策が取れます。例えば、金属製の部品表面をフッ素コーティングすれば、部品のどの部分も水分と接することはなくなります。従って、金属の弱点の一つである湿気による錆びつきを極めて効果的に防止できるというメリットがあります。また、シックなお洒落さが人気のレザー製品も、クローゼットや靴箱の除湿にいくら気を遣っても、完全に湿気を追い出すことは難しく、カビが生えたり臭いがついたりしがちです。しかし、フッ素コーティング加工済の皮革製品なら、製品そのものに防湿対策がされていることになるので、環境中の湿気がどうあれ、水分による悪影響を受けずに済みます。このように、完成度の高い防湿対策を講じることができるのが、フッ素コーティングのメリットと言えるでしょう。

フッ素加工によって非粘着性と防湿性を兼ね備えたフライパン

ご自宅でフッ素加工のフライパンを使っている人は多いでしょう。フッ素加工は、より一般的な名称ではフッ素コーティングと呼ばれ、フッ素樹脂で様々な製品の表面をカバーする加工技術です。フッ素コーティング加工を施した製品は、フライパンに限らず沢山ありますが、それはこの加工によって付与される非粘着性と防湿性のメリットが非常に大きいためでもあります。
フライパンでいえば、フッ素加工の主な目的は非粘着性の方でしょう。これによって、食材や油、水分などを吸着しなくなり、こびりつかずお手入れも楽なフライパンになります。加えて、フライパンの多くが金属製であることを考えると、防湿性のメリットも軽視できません。金属は何らかの防湿対策を予め講じておかない限り、湿気と酸素と反応して簡単に錆びてしまいます。錆びたフライパンは料理には不向きな上、取り扱うのに危険が生じることがあります。その点、フッ素加工済のフライパンなら、防湿効果もしっかり発揮され、湿気が多くなりがちなキッチンで使用、保管しても、簡単には錆び付きません。このお陰で、フライパンの品質と耐久性が大幅に向上し、頻繁な買い替えが必要ないことから、費用対効果も高くなったと言えるでしょう。

基板

フッ素コーティング剤を利用する防湿以外のメリットとは

防湿効果があることで知られるフッ素コーティング剤ですが、様々な製品に使われていて、その効果も様々なものがあります。では、フッ素コーティング剤を利用するメリットとは防湿以外にどんなものがあるのでしょうか。フッ素コーティング剤は、フッ素樹脂加工と同等の効果を実現しながら、製造現場で手軽に塗布できるコーティング剤のことです。フッ素コーティング剤の効果として代表的なものとしては、撥水撥油性があります…

工場

皮革防水と防湿対策にフッ素コーティングが便利

皮革製品に不慣れな人は何気なく購入したレザーアイテムを、間違って湿度の高い場所に長期間放置したり、そのままの状態で雨水にあててしまう場合もあるかもしれません。皮革製品は基本的には水も湿気も大敵で、製品によってはこうした扱いですぐにカビが生えたり、生地の一部が水分で変色することもあります。しかし、フッ素コーティングされた生地で出来たレザーアイテムであれば、防水と防湿対策が取られているため、そう…

作業員

駆動部の防湿対策にフッ素コーティング剤を導入しよう

ギヤやベアリングなどで構成される駆動部は、潤滑油で滑りやすくするだけでなく、湿気による錆発生を防止する対策が必要です。しかし、駆動部品は回転や金属同士の接触により高温にもなります。そこで防湿対策のためにグリスなどを使用しても、粘度が低下し潤滑性が失われる、水分を吸収してしまい加水分解するなどの問題も生じてしまいます。そこで、駆動部の防湿対策にはフッ素コーティング剤を利用しましょう。フ…

光学レンズ

結露が発生する基盤や電気ボックスの防湿対策にはフッ素コーティング

電子基板や電気ボックスにとって、結露は大敵です。内部の結露によりショートするだけでなく、接点部分が錆や酸化被膜により通電不良を起こして故障するだけでなく、電気抵抗が高くなり発火する可能性があります。そこで、電子基板や電気ボックスは防湿対策を行いましょう。フッ素コーティングなら組み立て時だけでなく、設置済みの基板や電気ボックスにも現地で防湿対策を実施することができます。フッ素コーティン…